カーペットの普段のお手入れ
■掃除機を使って
 カーペットの汚れの八十パーセントはホコリによるもの。毎日、まずカーペットの毛足にたまったホコリを、掃除機で吸い取ります。毛足の奥までホコリが入り込んでしまうと、取り除くのが困難。こまめにかけることが大切です。また、スピーディなかけ方では、なかなかきれいになりません。ちょっとした心がけで、差がつきますのでコツをおさえて、美しく仕上げましょう。
掃除機
毎日、カーペットの毛足にたまったホコリを掃除機で吸い取ります。
■掃除機のかけ方のコツ
・毛を起こすようにして
 ギュ!とばかりに、掃除機の吸い込み口を力いっぱいカーペットに押さえつけてはいませんか。カーペットをこするのは逆効果。毛を起こして、パイルの根元に空気を通すようにして、奥にひそんだホコリを吸い取ります。カーペットには毛並みがありますから、まず始めに毛並み方向に、そして次に毛並みの逆方向に、二度がけするのが理想。時間に余裕のないときは、毛並みの逆方向にのみかけてください。
かけ方   かけ方
毛を起こすように 押さえつけてはダメ!
・毛並みの方向を知るには?
 ところで、カーペットの毛並み、どうやって方向を確かめますか。一般的には手でなでてみてカーペットの色が薄くなるほうが毛並みの方向。カーペットの色が濃くなる方向(毛並みの逆)に毛を逆立てるようにするとホコリが取れやすくなります。
・掃除機をかけるスピードと.注意点
 掃除機サッサ――では、ゴミはしっかり吸い取れません。理想的な速度は一分で一平方メートル。既製サイズのラグ(一四〇センチ×二〇〇センチ)なら約三分かかるわけです。ずいぶん遅いと思われる方も多いでしょうが、ゆっくり、ゆっくり、奥の奥まで、ホコリを吸い取る感じで、気長にかけてください。
 また掃除機はゴミを吸収すると同時に、排気を出します。排気によるホコリの飛散にも注意しましょう。
家事大好き

※素材によっては専門家に
カーペットによっては、取り扱いがデリケートなものがあります。カーペットの隅で色落ちチェックをするのはもちろん、とくに高価なシルクやウールの手織りカーペットなどは、専門家に相談してください。

カーペットの月に1度のお手入れ
■洗剤をつけたぞうきんで
 ふだんのお掃除でホコリはとれますが、カーペットに染み付いた汚れは、月に一度のふき掃除できれいにします。カーペットも繊維製品、要は洗濯する気持ちで洗剤ぶきを。
 掃除機をかけた後、中性洗剤や住まいの洗剤を水で薄め、その液につけたぞうきんを固く絞ってふきます。毛並みの逆方向にふくのがポイント。最後に水ぶきをして、カーペットに洗剤が残らないようにします。
ぞうきん
月に一度は洗剤をつけたぞうきんできれいに。
■洗剤ぶきのコツ
・洗剤の量は
 バケツ半分の水に対して、キャップ一杯ほどが目安。汚れ具合、洗剤の種類によっても異なりますので、使用法・使用上の注意を確認してください。
バケツ
バケツ半分の水にキャップ一杯が目安
・ふく方向は?
 掃除機と同じ、一方通行で毛並みの逆方向に。
ふく方向   ふく方向
毛並みの逆方向に。 円をかいてはダメ!
・仕上げは?
 しっかり水ぶきします。洗剤分が残っていると再汚染の原因になります。
仕上げ   仕上げ
かたくギュッと絞って。 タオルはまめにすすいで、
汚れていてはダメ!
・初めにチェック!
 洗剤でふく場合、初めにカーペットの隅のほうで、色落ちしないか、縮まないかチェックします。なお、漂白剤は絶対に使わないでください。
家事大好き
カーペットの隅でチェックします。

※素材によっては専門家に
カーペットによっては、取り扱いがデリケートなものがあります。カーペットの隅で色落ちチェックをするのはもちろん、とくに高価なシルクやウールの手織りカーペットなどは、専門家に相談してください。